【ギターでめざせChar】「SMOKY」をコピーする上で大事な5つのポイント|溝の口ギター教室

はじめましてVox-yギター教室、ギター講師の大浪歩(オオナミ アユム)と申します。 Charさんの代表曲である「SMOKY」、私はこの曲に衝撃を受け、それから過去のライブ映像、音源などをたくさん聴き漁ってきました。 中学時代は毎日アドリブソロの練習をし、高校では軽音楽部でことあるごとにこの曲を演奏していました。同級生や家族からは聞き飽きられていたほどです(笑) そこで今回は、ほかの解説記事や、楽譜だけでは分からない、しかしコピーする上ではとても重要な”ニュアンス”に重きを置いて、「SMOKY」をコピーする上で大事な5つのポイントを解説していきます。



 

その①:8分ではなく16分裏で”チャッチャッチャ”!


まずは冒頭から、印象的な”チャッチャッチャ”のフレーズ。

↓こちらパッと聞くと8分音符で、



のように聞こえますが、実際は16分裏で↓



となっています。 16分裏にすることにより、疾走感がより出てきます。 これをCharさんは、ダウンピッキングで弾いていることが多いのですが、16分裏をダウンで弾くのは、なかなかタイミングが難しいと思うので、ダウンは空ピッキングで、アップで弾くようにすると、16分裏が正確に弾けます。


 

その②:m9(マイナーナインス)コードは、3rdを押さえない

この曲で主に使われているコードで、m9(マイナーナインス)コードがあります。 通常はEm9の場合、



↑このように中指、人差し指、薬指、小指で押さえるのですが、Charさんは人差し指を押さえず



↑このように押さえます。


おそらく人差し指の3rdの音を入れてしまうと、コードの響きがオシャレになりすぎるのと、歌いながらカッティングするのには押さえにくいから、といった理由があるのだと思います。

 

その③:フレーズ間のグリッサンドがキモ


冒頭のギターソロが分かりやすいと思いますが、フレーズとフレーズの間にグリッサンドを入れることで、歌うようなギターソロになります。歌でいうブレスに近いかもしれません。 またグリッサンドだけでなく、6弦開放のアームダウンを入れたりすると、よりダイナミックな演奏になります。 楽譜やフレットポジションをただ追うだけでなく、音の入り方、切り方にも注目して練習してみましょう。

 

その④:カッティングにアクセントを!


この曲は全体にわたって16ビートのカッティングで構成されています。 そこで重要なのは”アクセントをつけること”です。 カッティングの2,4拍にアクセントを付けてみましょう。そうすると一気に音に重みが出るのが分かると思います。 中盤にはカッティングソロもあるので、絶対にマスターしておきたいところです。

 

その⑤:アドリブソロはF#とFの使い分けでフレーズを作る

ラストはアドリブソロのフレージングについて。 基本はEm9とDm9のくり返しなのですが、使えそうな音を比べてみると


Dm9→D E F G A B♭orB C

Em9→E F# G A B CorC# D


決定的に違うのは、FとF#の音です。


Charさんのプレイを見ていても、FとF#の違いを意識して、フレージングされていることが多いように思います。


それから、Eマイナーペンタトニックスケールであれば両方のコードで使えるので、ペンタでガッツリロックフレーズを弾いちゃうのもアリです。


Eマイナーペンタトニックスケール→E G A B D


細かいフレージングを意識する部分とガッツリいく部分で、緩急をつけるとよりそれらしくなると思います。


 

まとめ